SNS

Facebookのいいね!とファンを増やすコツ

  • LINEで送る
top_201611

こんにちは!デザイナーの野田です。
とても寒くなって来ましたね。

冬の夜の、澄んだ空気は凛としていて大好きですが
やっぱり寒くて、夜が長い冬…
つい家にこもって、パソコンやスマホを見がちですよね。

そんな時こそ、SNS運用のチャンスです!!

さて、前回はFacebookの基本についてお話しました。
SNS運用出来ていますか?〜まずはFacebookの基本について〜
あれから始めてみましたか?
または、Facebook運用してみましたか?

動き始めているとしたら、そろそろコレが気になるのではないでしょうか?

いいね!とファンを増やすコツ!!

そう、タイトルのこの内容です。
投稿するからには、多くの方に見て欲しいし
出来れば、いいね!もたくさん欲しい…
誰しもそう思うものです。

私も業務があり、1人ではなかなか毎日投稿は出来ないので
本当に微々たる歩みでは有りますが、
学びながらFacebookを運用し始めて約4ヶ月…
弊社ページへのいいね!や投稿へのいいね!は、
右肩上がりに増えて来ています。

では、具体的にどうしたらいいのか?

shutterstock_264715838

慣れてきたなら、配信の頻度を増やす

今、企業のご担当者の方なりに頻度を決めて
投稿していると思いますが、その頻度を増やしてください。
例えば1人で週2なら、その方はそのままにして
もう1人担当を増やして、週3か4にするのです。

投稿のストックも溜まって来ているので、
どういう世界観でどういう風に投稿するのか
後から加わる人に詳しく教えなくても、見せれば伝わるので
意外とスムーズに担当が増やせます。

もし1人しか人員を避けないなら、軽い、簡単な内容の投稿を
あと週1日増やしてみましょう。

投稿のタイミングを考える

あなたの投稿、今もし決まった曜日にやっていてイマイチならば
投稿の曜日を変えましょう!
自分の生活を振り返ってみて、自分が1番Facebookをやるのはいつか?
自分の中に答えは有ります。
また一般的に、多くの人が見るのは通勤通学時。
その時間帯に投稿するのが、最も多くの人の目に触れる可能性が高いです。

※参考になるサイト
Facebookで「いいね!」が超つく写真と投稿、5つの黄金法則

投稿に必ず写真を載せる

これが意外と忘れていたり、出来ていなかったりしませんか?
しかも枚数は1枚でなく、2枚3枚等の方が
実は反応が良かったりします。

写真の内容を見直す

あなたの投稿、あなたが見て面白いですか?
特に写真。
見て綺麗だと思いますか?面白いと思いますか?
人の興味をそそるかどうか、撮る時には考えながら撮りましょう。

※参考になるサイト
Facebookで「いいね!」が超つく写真と投稿、5つの黄金法則

いいね!してくれた人の所へ、いいね!をしに行く

いいね!をして貰ったのに、
それを見てにんまりして終わり…になっていませんか?
いいね!して貰ったらいいね!をしに行きましょう!!

これがとても大切です。
Facebookでは、親密度も重要な判断基準の1つで
それにより、投稿がフィードに表示される時間や
表示される優先度が変わって来たりします。

また全体的にいいね!やファンを増やしたいならば
積極的に自分から、
投稿やFacebookページにいいね!をしに行く事です。

※参考になるサイト
Facebookページで1万の「いいね!」をもらうコツと効果

5つのコツ、分かりましたか?

どれも基本的な事ですが、より詳しく話せばとても奥が深いです。
まだまだ書ききれないコツもたくさん有ります。
でも基本が出来て、ある程度の流れが出来てこれば
自然と人が集まって来ます。

諦めて放置したら、そこで終わりです。
諦めずにゆっくりで良いので、
とにかく続けて行きましょう!

もしより詳しくSNS運用について聞きたい場合は、
弊社カプセルグラフィックスへ、お問合わせください。

  • LINEで送る

SNS運用も含めた集客をご希望なら

カプセルグラフィックスへご相談ください。
SNS運用のアドバイスも、今あるホームページをSNSと組み合わせ相乗効果が見込めるご提案もしております。

御社の外部顧問として、総合的にウェブ・印刷物をデザイン・更新・運用する月々定額での年間契約も可能です。

詳しくはホームページをご覧ください