SNS

SNS運用の大切なポイント!写真、綺麗に撮れてますか?

  • LINEで送る
top_20161117

こんにちは!デザイナーの野田です。
紅葉も綺麗に色づいて、街路樹のイルミネーションの準備もされて…
写真を撮る機会もグンと増えてきますね。

普段何気なく撮っていると思いますが、SNS映えする写真の撮り方があるんです!

今回はそんな写真の撮り方のポイントをご紹介。

真上から撮る ※エルダーフラワーさんブログより引用

top_20161114

こちら弊社のお客様でもある、エルダーフラワーさんの撮影された写真です!
お店でスマホで撮られているのですが、とても綺麗ですよね。

ポイントは、真上から撮るというアングルと照明の明るさ
物を綺麗に鮮明に撮りたい場合は、照明が大切。
カメラのライトやフラッシュだと反射しがちなので、
窓の近くで太陽光で撮ったり、蛍光灯やライトを横から当てるなど工夫しましょう!!
外で撮る場合は、狙いでない限り逆光にしないのがポイント。

ご飯物を撮る時は、特にオススメなアングル!

こちらも綺麗ですよね!
アングルと照明が効いています。

低い目線で撮る

こちらはいつもは絶対に見ない、低い目線で撮影した写真。
見た人が小さくなって、写真の世界に入り込むような感覚を経験できるので
インパクト大です!

背景をぼかす

物や人物を手前において、後ろのものをぼかします。
撮影時にカメラの機能でできる物も多いですし、
あとからしたい場合はインスタグラムやアプリの機能でも似たような雰囲気にする事が可能です!

あえての逆光

太陽の光を利用して、影を効果的に使いたい時に使えます。
ポイントは太陽をフレームの中に入れない事。
人物にも使えます!

接写

近くに寄り過ぎな位、寄って撮るのも面白いです。
見た人にコレは何だろう?と投げかけられ、キャプチャを読んで
あっコレか!という感動と共にいいねを押してしまいがちなんです。

こちらは超接写ですね。

引きで撮る

あえて遠くから全体を撮る事で、遠近感と広がり感を演出できます。
奥行きを感じさせる、遠くに消失点がある写真は、集中線のように視線を集める効果が!

いかがでしたか?

まずはアングルを中心に簡単な方法をご紹介!
明日からすぐに取り入れられるので、ぜひお試しください。

  • LINEで送る

SNS運用も含めた集客をご希望なら

カプセルグラフィックスへご相談ください。
SNS運用のアドバイスも、今あるホームページをSNSと組み合わせ相乗効果が見込めるご提案もしております。

御社の外部顧問として、総合的にウェブ・印刷物をデザイン・更新・運用する月々定額での年間契約も可能です。

詳しくはホームページをご覧ください