ホームページ

小手先のSEOはもう通用しない?!

  • LINEで送る
SEO

こんにちは、プランナーの中村です。

今年もあと5日になってしまいました。。

40過ぎてからの1年は格段に早く感じます。

小学生の頃は1年間って、すっごく長くって、「うわー暇すぎて脳みそ腐るわ!」

なんて感じてましたが、、あれって何でですかね?

それはさて置き、お客様から良く訊くセリフに「もっとSEOなんとかしたいんだよね。。」

凄く良く分かりますその気持ち。

競合他社より1ページでも、1つでも検索順位が上に行きたい切実な願いは皆さん持たれていると思います。

でも、最近のWEBマーケット界隈を見渡すと、どうやら魔法のような、SEOテクニックは無くなりつつあるようです。

そもそも、ビジネスにおけるホームページの役割とは、検索順位を競うものではなくユーザーにとって役に立つ情報を分かりやすく届ける道具なのだと思います。

もちろんビジネスですから競合他社よりも勝っていたいと考えてSEOに取り組むのは自然な事だと言えますが、本来の目的を置き去りにし、検索順位が目的になっているホームページはまだまだ多いと言わざるを得ません。

しかしGoogleの英知を注ぎ込んだ検索アルゴリズムは「ユーザーにとって役に立たないホームページは評価を下げますよ」とホームページを運営する人たちにメッセージを送っています。

詳しくはこの記事をご覧ください。
引用元:小手先SEOの終わりと新たなSEOの始まり。Web担当者は検索エンジンの先にいるお客さまを見ろ

この記事を読んでも分かるように、ユーザーが役に立つオリジナルの情報を、分かりやすく、頻繁に発信しているホームページを真面目にコツコツ作る事がGoogleとユーザー、そして何より自社と社会に取ってより良い事だと気づかされました。

SMAPとうとう解散しちゃいましたが、「世界に一つだけの花」の歌詞にもあるように。。。

「それなのに僕ら人間は
どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で
一番になりたがる?」

「そうさ当社は世界に一つだけのホームページ
そのサイトを咲かさせることだけに
一生懸命になればいい」

お後がよろしいようで、、

本年も大変お世話になりました。
来年も一層の飛躍の年になる事を心よりお祈りしています。

みなさん良いお年をお迎えください。

 

  • LINEで送る