ホームページ

webを活用するということを本気出して考えた結果

  • LINEで送る
image1-(2)

 

こんばんは、屋敷です。

ディレクターたるもの、お客様とお話をさせていただく機会はたくさんあります。

 

その中で印象的なのが、

「webを活用したい」

というお客様が増えてきていることです。

 

webを活用するということは、ホームページを作る上で当然といえば当然のことです。

しかし、高いお金をかけて作ったものの、思ったような効果は得られない。
リニューアルを考えているが、次こそはしっかりとwebを活用したいという方が増えているという印象をうけます。

 

高いお金をかけても、思ったような効果が得られない原因は何か?

 

理由はさまざまあると思いますが、ぼくはホームページの作り方・料金体系が邪魔をしているのではないかと考えます。

ホームページは通常、制作費で100万や200万という費用がかかります。
納品後に変更するには別途料金となってしまうため、しっかりと計画をたて後々修正のないように綿密に作成されます。

しかしここが疑問で、ホームページは変化することを想定して作られるべきだと思うのです。
どんなに最初気合を入れて作っても、やっぱりこうしたいという気持ちが必ず出てきます。
これは必ず出ると考えるべきです。

しかし納品後では、ページを追加したくても別途お見積もりとなります。
これは制作側ももどかしいところで、やりたくても当然タダで動くわけにもいきません。

 

公開後に、せっかく

「ここをもっとこうできないかな?」

という改善案がでてきても、

「お見積もりいたします」
「費用かかるならやっぱやめとくか」

となってしまいます。

 

これが、活用できない一番の原因ではないでしょうか。

 

他にも、このような料金体系ではどうしてもホームページを作ることが目的になってしまいます。
本来、目的はホームページを作ることではなく、webを活用することのはずです。
webを活用して、何件お問い合わせがきたか?が目的なはずですが、ホームページを作ることが目的になってしまっているので制作側から改善案は出てきません。

webを活用するには、常に寄り添って目標をおいかけていく存在が必要だと感じます。

それは自社にweb担当者をおくことかもしれません。
しかし、担当者をたてるには人件費としてそれなりの費用は当然かかります。
また、デザインやプログラミング、マーケティングやSNSと、1人でwebまわりすべてを行うことはかなり難しいでしょう。

 

そこで

webを活用するということを本気出して考えた結果

カプセルグラフィックスでは、
月額でweb運用のすべてをおこなうサービスを始めようということになりました。

担当者を雇うよりもずっと安くです。

外部に広報部ができると考えていただければわかりやすいかと思います。
デザイナーがいて、プログラマーやマーケッターがいて、SNS担当がいる。
修正があれば見積もりなんかなくても対応してくれる。
電話一本でつながる別事業部。

これがこれからのホームページ制作の理想形ではないかと考えています。

 

このサービスの魅力を語り出すと止まらなくなるので

詳しいことはお問い合わせください。

 

 

  • LINEで送る

web集客のご相談はお気軽に

ホームページ制作・運営をはじめ、インターネット広告やメールDM、SNSの運用などweb集客をお手伝いします。外部web事業部としてお使いください。

詳しくはホームページをご覧ください