SEO

今、SEOって本当のところどうなの?

  • LINEで送る
SEO

ホームページを作る仕事をしていて、SEO知らないって人はいないと思いますが、結構WEBに関わりの薄い方でも知っていますよねSEO。

じゃあSEOって何? って聞かれると、そりゃ ”Search Engine Optimization”検索エンジン(googleとかYahoo)であるキーワードで検索した時に上位表示させるテクニックのことでしょ??って答えちゃいますよね。。。

僕も少し前(2年くらい前までは)そう思ってました。

でも時代の流れに合わせてSEOのやり方、というより考え方が変わってきています。

結局Googleの考えている事に合わせるって事は変わらないのですが。

 

少し前は自社のホームページの他に、いくつものサテライトサイト(衛星ホームページ)を作って、そのサイトから自社のホームページにリンクを貼る事(被リンク)で「自社のホームページはリンクがいっぱい張られた、優良なサイトですょぉ〜」といったテクニックが有効でした。

さらに、サテライトサイトからの被リンクを業者から購入し自社のホームページが、さも優良サイトであるかのように装う行為が横行し、肝心の自社ホームページは「スッカスカ」。

しかし、中身の薄いホームページが検索上に表示される事が多くなった事にGoogleは危機感を抱いていました。

2012年頃からGoogleは、そういった自作自演のような質の低い被リンクに警告を発したり、ペナルティを課すようになりました。

Google曰く、キーワードで検索し上位に表示されるサイトは、検索したユーザーにとって有益な情報を読みやすく、丁寧に、詳しく掲載しているホームページを高く評価します。

と、言っています。

Googleにとって一番のお客様は広告主、その広告主にとっての一番のお客様は検索してくれるユーザー。ですよね。そのユーザーが離れていく事がGoogleに取って一番困る事なんです。

Googleは、ユーザーの為にならないサイト(中身の薄い、自作自演のような騙し)はできる限り排除したい。
そのために世界中の天才を集めて日々、ユーザーを欺くようなサイトを排除するためにアルゴリズムに改良を加えているのです。

その、Googleの天才たちの努力に立ち向かい、次の手を考える為に努力をするぐらいなら、Googleの考えている事に乗っかって正々堂々とユーザーを惹きつけるホームページ作りに毎日努力して方が建設的だよね。。。

というのが最近のWEB業界、マーケティング業界のSEOへの考え方です。

結局のところSEOに特別なテクニックは無く(あっても近い将来通用しなくなる)、ユーザーが求める情報を分かりやすく、詳しく発信し続ける事が唯一の方法且つ、王道となっているのです。

それを体系化したのが「コンテンツマーケティング」です。優良なコンテンツでホームページに集客し、お客様と繋がっていき、最終的にビジネスの結果に繋げる事です。

とてもシンプル、且つ根気と愛情のいるマーケティング手法ですが、今後何年も変わらないであろうSEOの王道です。

次回から「コンテンツマーケティング」について紹介していこうと思います。

 

 

  • LINEで送る