デザイン

素敵なお店に行って、デザインについて考えてみました

  • LINEで送る
top_20170328

こんにちは!デザイナーの野田です。
先日、休みの日に名古屋の栄でゆっくり色々なお店を見て回って、かなり刺激を受けました!
なので今回は少しSNSから離れて、デザインについて私なりに改めて考えてみようと思います。
似たようなテーマが続いて恐縮ですが、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

まず私がお店で見つけた、刺激を受けた物がこちら↓

IMG_1589

normannのハサミとクリップです。私が惹かれたのは、特にハサミ。
素敵なデザインに目を奪われ、思わず手に取りました。
ブランド名を見て、あぁ知ってる知ってる、と言う方もいれば…
値段を見て、驚かれた方もいるのではないでしょうか?

良いハサミが高いと言うことはご存知の方も多いと思いますが、一般的に良いハサミと言われると、それは職人さんが作るような機能的な意味で良いハサミを想像する方が多いと思います。

ですが、こちらは特にデザインが良いハサミと言えますよね。
機能を損なわずに考えられた、そのデザイン性にこの値段がついていると私は思います。

デザイン/デザイナーとは

では、そもそもデザインとは何でしょうか?
デジタル大辞泉でデザインと検索すると…

1、 建築・工業製品・服飾・商業美術などの分野で、実用面などを考慮して造形作品を意匠すること。
「都市を―する」「制服を―する」「インテリア―」

2 、図案や模様を考案すること。また、そのもの。
「家具に―を施す」「商標を―する」

3、 目的をもって具体的に立案・設計すること。
「快適な生活を―する」

その他のものでは、
設計、図案、意匠。また、製品の機能や美的造形を考慮した意匠計画。
このようにも出てきます。

デザイナーは、簡単に言えば、意匠を凝らし設計・図案にする人と言えると思います。

そして、よくその意味を混同されるのが、アート/アーティスト。

アート/アーティストとは

では、こちらは検索すると、どのように出てくるのでしょうか?

芸術。美術。「ポップ―」
と出てきました。

アーティストは、芸術家(=芸術作品の創作活動を行う人)。特に美術家や演奏家・歌手をいう。と出てきます。

続けて芸術と調べると…

 特定の材料・様式などによって美を追求・表現しようとする人間の活動。および、その所産。
絵画彫刻建築などの空間芸術音楽文学などの時間芸術演劇映画舞踊オペラなどの総合芸術など。
「―の秋」「―品」

2、 学芸技術

アーティストは、端的に言えば、表現する人と言えると思います。

両者共に、結果的に魅力的なものを生み出している事には違いありませんが、私はその過程とスタンスが大きく異なると思います。

デザインは外向き

デザインは、その過程で常にデザイナー以外の第三者の存在が意識・考慮されて、設計・制作されています。

その物の機能を損なわずに、第三者の美的感覚に呼びかける意匠が凝らされている。
または、使用する人の使いやすさを考慮して、無駄を削ぎ落とされている。いわゆる機能美。
どちらにしても、制作物にはある程度、仕様に制限が設けられている。

アートは内向き

芸術の中でもアートと呼ばれるものは、アーティスト自身の内面を見つめ、つき詰め、表現する事で生み出されています。

アーティスト自身の世界観を、外に向け発信されているので、一見外向きに思われますが…

よくアーティストのインタビューや偉人の芸術家などを思い出してください。
「自身の経験を元に生まれました」「自身の世界観を歌いました」「当時の心境が色に現れています」
これは製作時には、明らかに自分自身の内を見つめていますよね。
そして、表現に制限はほぼ無いと言えると思います。

以上から私はデザインとアートは似て非なるもの、大きく異なるものと考えています。

私がデザインを学んでいた時の先生方の言葉で、あなたたちは、デザインを学んでデザイナーになるのだから、常にその制作の向こう側にいる、ユーザーやお客様の事を考えなさい。
意匠を凝らす人でありなさい。決してアーティストにならないように。

とかく一般的に人々に、感動した!人生に影響を与えた!衝撃を受けた!と挙げられる物は、アートの方がとても多い気がしますが…
皆さんが普段触れている道具も洋服も印刷物もホームページも、何か好き、何か面白い、何か使いやすい、という事はちゃんとそう感じるようにデザインされているからなのです。

私は常に自分に、ちゃんとデザイナーであるか?

を問いかけながら、制作の向こう側のユーザーやお客様に、デザインというものを通して、感動や良い影響を与えられるような仕事をしていきたいと思っています。

何だか決意表明のようになってしまいましたが…
最後に先日の外出の中で、デザインに刺激を受けた物を他にもご紹介します。


ハサミに続いて、normannのグラス。
飲み物を入れて飲むという機能を守りつつも、必須と思える安定性の概念は除かれており、かなり革新的にデザインされています。
でも普通量を入れる限りは、決してこぼれない。計算されていますよね!

IMG_1592
PICTの腕時計。
今何時か分かりますか?これを初めて見た時は衝撃を受けました。
時間を表すという機能は維持しつつも、極限まで装飾を省いたデザイン。

最初は、これでは時間が分かりにくいのでは?と思いましたが…
不思議な事に結構あっという間に見慣れて、時間が分かるようになるのです。
お店を出る時には、ちょっと欲しいかもとさえ思っていました。
また素敵な物を見つけたら、こうしてご紹介したいと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

デザインの力が皆様に届きますように。

※撮影させていただいたお店様、誠にありがとうございました。
arenot 名古屋ラシック店様
NORDIC Feeling 名古屋ラシック店様
どちらのお店もとてもレイアウトが素敵で、店員さんの対応も見ていて丁寧でとても雰囲気が良かったです。また買い物に行きたいと思います。

  • LINEで送る

SNS運用も含めた集客をご希望なら

カプセルグラフィックスへご相談ください。
SNS運用のアドバイスも、今あるホームページをSNSと組み合わせ相乗効果が見込めるご提案もしております。

御社の外部顧問として、総合的にウェブ・印刷物をデザイン・更新・運用する月々定額での年間契約も可能です。

詳しくはホームページをご覧ください