SEO

ホームページのSSL対応は結局やったほうがいいのか?!

  • LINEで送る
222

 

「ホームページを全ページSSL(https)にしたほうがいい」

という話を聞いたことはありますか?

 

「Googleが推奨していて、SEOに効果的」

「大げさだから必要ない」

 

など人により意見が様々で、実際のところどうなのか?

 

「SSL」などでググるとたくさんの情報が出てきて、SSLの仕組みについてなど少し難しい情報が多いように感じます。

そこで今回はSSLの仕組みなどには触れずに、

・自分の会社のホームページには必要なのか?

・費用は実際どれくらいかかるのか?

に絞って考えていきます。
※本記事ではsslとtls両方をsslと呼ぶことにします

必要なのか?

結論、SSLは入れたほうがいいです。必要です。

全ページSSL(https)にすることで、通信は暗号化され盗聴やなりすましを防いでくれます。

ただ正直に言うと、ぼくも最近までECサイトのカートや、会員制ページ以外は必要ないと思っていました。

しかしスマートフォンの普及で公衆無線LANからの接続も多くなり、よりセキュリティリスクが高くなっています。

単純な企業サイトであっても、サイト改竄のリスクなどを考えると入れたほうが確実です。

 

さらにSSLを入れたほうが良い理由として、googleがSSLサイトを優遇し、推奨しています。

今後はSSLではないサイトには、わざわざ「安全ではないですよ」と警告を出すというのです。

というかすでにパスワードなどの情報を送信するサイトでは、SSLでない場合「保護されていません」という警告が出るようになっています。

これが近い将来SSL化されていないサイトはみんな「保護されていません」と赤い文字で警告するそうです。

この流れも考えると、SSLにしたほうがいいに決まっています。

SEOに関しても、googleの判断基準に入っています。

もちろんそれによりいきなりどーんと上がることは考えにくいですが、
やったほうがいいのは間違いありません。

じゃあなぜみんなしないのか?

 

めんどくさいから

1つが通信速度、もう一つが費用だと思います。

 

通信速度に関しては、もうすでに目に見えて遅くなることはありません。

むしろ今後普及するHTTP/2といった次世代の通信技術は、HTTPSでないと対応していません。

HTTP/2は高速です。つまり、今後はむしろ早くなるということで、速度は問題ではありません。

 

もう1点、費用です。

SSLはピンキリで無料のものから年間数十万円のものもあります。

費用を考える上で大切なのが、肝心のSSLの機能はどれも同じということ。

無料のものでも、数十万円のものでも「通信を暗号化する」という機能は一緒です。

決して費用が高いからセキュリティが強いというわけではありません。

ではなにが違うのかというと、SSLを使う際に必要な「証明書」が違います。

SSLを使うには証明書というものが必要で、認証局から証明書を発行してもらう必要があります。

安いものは簡単に証明書が発行できるのに対し、高額な証明書は実在する企業かどうか?などの厳しい審査があります。

証明書はブラウザから確認できる為、高額な証明書は企業名などを確認することができます。

これにより、ユーザーは安心してサイトを利用できるということです。

クレジットカード番号を入れてもらう必要があるなどの場合は高い証明書が必要になると思いますが、例えばうちのようなコーポレートサイトには必要ありません。

そもそも会社のホームページを見るときに、証明書をわざわざ確認するユーザーは少ないと思います。

 

無料で使える「Let’s Encrypt」や、さくらサーバーが提供している年間15,00円で使える
「ラピッドSSL」など非常に安価なものはあります。

 

ちなみにぼくの個人勉強用で使っているサーバーにもSSL入れました。
さくらの「ラピッドSSL」です。

年間たった1,500円ですが、通信を暗号化し、立派にHTTPSと緑でかかれています。

スクリーンショット 2017-04-05 22.32.16

 

正直かなり高額な証明書でもないかぎり、ぱっと見では安いのかどうかわかりません。
(かなり高額なものはアドレスバーに会社名が出ます)

ECサイトや、個人情報を扱う会員サイトでは別ですが、うちのような企業で「SSLやったほうがいいのか?」程度の場合であれば、安価な証明書でよいので対応したほうがいいです。

 

と言いつつ、なんとうちのサイトまだSSL対応していません!おい!
ということで、早急に「ラピッドSSL」あたりで対応予定です。

SSLをやらないことは今後デメリットになっていくので、迷われている方は検討の価値ありです。

(ガラケーやユーザーのブラウザの設定によってはエラーが出てしまう場合もありますので、サーバー担当者に相談してください)

 


  • LINEで送る

web集客のご相談はお気軽に

ホームページ制作・運営をはじめ、インターネット広告やメールDM、SNSの運用などweb集客をお手伝いします。外部web事業部としてお使いください。

詳しくはホームページをご覧ください