ホームページ

リニューアル時に知っておきたいホームページ制作の流れ【制作編】

  • LINEで送る
homepage-renewal-flow2-top-image

前回の「リニューアル時に知っておきたいホームページ制作の流れ【発注編】」では
ホームページのリニューアルを考えだした時から、依頼する会社選びまでの
流れをお伝えしましたので今回はお願いする会社が決定した後の
制作の流れについてお伝えします。

ここでお伝えするのは弊社の制作の流れなので、
全部がこの流れで作られることはないので
その点はご了承ください。

題して

リニューアル時に知っておきたい
ホームページ制作の流れ【制作編】

そのまんまやな!という愛あるツッコミはwelcomeです(笑

 

 

それでは張り切ってまいりましょう!

1.しっかりとマーケティングをする

webマーケティングを考えるの図

↑どんなマーケティングをしてるんや!って感じですが・・・

私達、人は形が無いものになかなかお金が払えないものです。
ホームページも見える物が出来た時にようやく価値が出てくるのですが、
制作において最も重要で時間をしっかりとらなければいけないのが
最初のマーケティングになります。

ここで主におこなうことは
 ・顧客、自社、競合の分析
 ・自社の強みや弱みを確認
 ・具体的な顧客像の作成
 ・その顧客が問合せをしてくるまでの流れの想定
 ・競合との違いの確認
 ・現状のホームページの調査
をおこないます。

これをweb業界風に言うと
 ・3C分析
 ・SWOT分析
 ・ペルソナ設定
 ・カスタマージャーニーマップの制作
 ・ポジショニングマップの制作
 ・現サイトのアナリティクス解析
となります。

もう英語とカタカナばっかでいやになりますね。最近のあのCMも吹きましたが(笑
こないだなんか、Googleがスマートフォンに対応したホームページを優先的に扱うことを
「MFI」というのを聞いてなんじゃそりゃ!って感じました。
ちなみに「モバイルファーストインデックス」の略だそうです。

なんでもかんでも3文字に約してからに・・・

あ!うちのサービスも3文字に約してあるのが・・・汗

はい、気を取り直してまとめますと、ホームページを作る前に
今分かることやデータが取れる物はしっかり集めて、失敗しないようにしましょうということです。

ホームページの制作料金はピンキリですが、効果を出そうと考えると
それなりに人が関わり、時間と頭を使う必要がありますのでそれなりの制作料金が必要になります。

企業としては集客するための投資なので闇雲にえい!やー!では
作る私達も怖くて作ることは出来ませんのでこのマーケティングの部分に
時間と知恵を多く使っています。

過去に多い失敗事例としては、時間がなく大急ぎで公開しなくてはならず
マーケティングもそこそこにデザインを始めてしまい、プログラミングまで終了した後に
使い勝手の悪いホームページになってしまうという事例がありました。

展示会やイベント、周年記念など会社の行事や、かきいれ時のタイミングなど
ホームページをリニューアルしておきたい要望は当然あると思います。

正論を言ってしまえば、スケジュールに余裕を持ってスタートしましょうになりますが
今の世の中、早々時間に余裕を持って物事がおこなえることが少ないと思います。
弊社もその1社です・・

どうしても公開を急ぎたい場合は、なぜ急ぎたいのかをちゃんと制作会社に伝えると
例えばトップページのみをリニューアルする等の打開策を提案してくれると思います。

続きまして

2.ホームページのページ構成を決める

ホームページの構成を決めてる図

↑こんなの楽しそうですね

マーケティング部分で作った「顧客が問合せをしてくるまでの流れの想定」から
ページ構成を考えます。
「顧客が問合せをしてくるまでの流れの想定」には感情の移り変わりも仮説を立てているので
その感情に沿ったページの流れを作ります。

このあたりのこと「顧客がホームページを使って体験することを想定する」ってことが言われてますが
これも「UX」と呼ばれており「ユーザーエクスペリエンス」の略だそうです。

新しい単語が出てくるのは仕方ないにしても訳しすぎですよね。

なんだかホームページ作るのって面倒くさい!ってなってますか?
でも、1〜2のパートは自社の事を見直すきっかけにもなるので
やっていくと実は楽しかったりもしますのでこの機会に試してみてはどうでしょう?

それでは来週の「THE MAGAZINE」は
続・リニューアル時に知っておきたいホームページ制作の流れ【制作編】」です!
お楽しみに〜

 

  • LINEで送る

web集客のご相談はお気軽に

ホームページ制作・運営をはじめ、インターネット広告やメールDM、SNSの運用などweb集客をお手伝いします。外部web事業部としてお使いください。

詳しくはホームページをご覧ください