ホームページ

ホームページ制作会社を選ぶときに押さえておきたい3つの選定条件

  • LINEで送る
ホームページ制作会社を選ぶの図

自社のサービスや商品を宣伝するためにも活用したい、会社の事業用ホームページ。
どの業種の会社様でも、「検索で上位に上がってくるようにしたい!」という、共通した思いをお持ちです。

事情があって、ホームページ制作を先送りにしてきた会社様も、またホームページは持っているけど「なかなか検索上位に上がってこない」とお悩みで、リニューアルをお考えの企業ご担当者様に是非知っておいていただきたい

ホームページ制作会社を選ぶときに
押さえておきたい3つの選定条件

をお伝えします。

ホームページ制作会社の選び方

「会社のホームページをつくろう!」と思い立ったときに取る行動。まず検索エンジンからホームページ制作会社の検索を行うところから、スタートされることでしょう。しかし、そこに表示されたホームページ制作会社の数の多さに、きっと驚かれているのではありませんか?

自社のコンセプトにあったホームページをつくってくれる制作会社を、多くの検索結果から見つけるのは至難の業。では、どうすればよいのでしょうか?それは、ホームページ制作会社を選ぶときの基準を予め知り、事前に条件を決めておくことです。そうすることで、自社と相性の良いホームページ制作会社を見つけやすくなります。

 

1.制作会社のプロジェクト体制

「ホームページ制作会社」とひとことで言っても、その会社の規模からプロジェクトの体制まで様々です。ここでひとつ注意していただきたいのは、「“大規模でさえあればよい”というわけではない」ということ。大手であればあるほど、そこに掛かる人件費や手間が膨れてしまうため、制作に関する予算が思っている以上に必要になってくることが、往々にしてあります。

上記とは反対に、ひとりでホームページ制作を行っている会社の場合は、企画・デザイン・ディレクションなどもひとりで行うということが考えられ、そうなると着手と仕上がりまでに当然時間もかかります。着手から仕上がりまで時間が掛かりすぎると、計画した内容を変えなければいけない出来事も、途中で起きるかもしれません。できる限りそうならないためにも、マーケティングに時間を掛け、双方納得のもと最短最速で取り掛かれる動きが必要となります。

人が集まるホームページに完成させていくまでの過程には、それぞれの分野のプロが担当を受け持つ方が仕上がりまでの時間の効率もよく、出来上がるホームページも完成度が高いものになります。3~4名で取り掛かれるプロジェクト体制が理想的でしょう。

2.“会社の看板づくり”とその後の展開ポリシー

看板のひとつとなる、大切な自社ホームページ。その想いをうまく、コンテンツに反映させてくれる制作会社であるかどうかを見極めるためには、最初に行うマーケティングから、制作の流れ、その後の展開まで見据えた計画を、見える化できるかどうかです。

「とにかく完成さえすればよい」では、競合他社と差別化を図ることができないかもしれません。自社ホームページが他社よりも抜きんでるためには、完成後の展開を考えて組み立てていくことが重要となり、またそれが依頼するにあたり、信頼できる要素のひとつとなり得るでしょう。

3.予算を決めて見積りを取ってみる

ホームページ制作会社を選ぶために「見積りを取ること」も、選定基準のひとつ。何社かに見積りを依頼するときに、気を付けていただきたいのは、どの会社で見積もる場合でも「制作への条件は同一にすること」です。見積りを依頼した会社によって制作への条件を変えてしまうと、提示される見積額にも違いが出て当然となります。条件を出しすぎて、予算よりもオーバーしてしまう場合もありますので、依頼に掛けられる予算も予め伝えおくとよいでしょう。

web集客バナー

さいごに少しだけPR

どこにいてもネットで簡単に検索ができる時代になりました。それだけに、手を抜くことができない事業用のホームページ。制作に投資をする以上、しっかりと働いてくれるホームページにしていかなければいけません。当社は名古屋市内を拠点に活動をし、多くの実績を持つホームページ制作会社です。名古屋市内でのご対応ならいち早く、貴社様のご希望に寄り添いながらのご提案をさせていただくことができます。お気軽にお問合せください。

ホームページ制作についてはこちら

制作事例はこちらをご覧ください

 

 

 

  • LINEで送る

集客できるホームページをお考えの方へ

カプセルグラフィックスでは集客にこだわったホームページのデザインをはじめ、様々なweb施策を組み合わせて集客のお手伝いをいたします。集客にお困りの方はご相談ください。

詳しくはホームページをご覧ください