デザイン

ホームページ制作事例|名古屋リノベーション会社様

  • LINEで送る
ホームページリニューアル

fw-web

ホームページリニューアル事例
名古屋リノベーション会社様

facebookやインスタグラム等のSNSを活用して集客に成功しているクライアントの
ホームページリニューアルに対する要望は「ブランディグ」でした。

クライアントのセンスを表現するために尖ったデザインや表現と何をしている会社なのか
一目でわかる分かりやすさを同時に実現するホームページを制作しました。

ホームページ制作のポイント

・トップページに施工事例、お知らせ、アバウトを表示

Googleアナリティクスを使ったアクセス数の解析から施工事例が一番見られていることが
分かったので、お客様が一番見たい施工事例にダイレクトにアクセスできるように
TOPページに表示。

積極的にイベントをおこなうクライアントにとってお知らせコンテンツは集客の肝となるので
これもTOPページに表示。

どのような想いでリノベーションをおこない、どのような事が得意なのか。
クライアントのことを分かりやすく説明するためにアバウトと業務内容を
トップページに表示しています。

・インスタグラムを読み込み

クライアントの人となりがわかるインスタグラムをトップページに読み込み
お客様がページを訪問した際にクライアントに親近感を感じてもらう施策です。

・フォントに対してのこだわり

数年前はweb上で使用できるフォントに制限があり、こだわったフォントを使うには
画像にしなければなりませんでした。画像にすることは以下のデメリットを伴います。
・更新性が悪くなる
 ・容量が大きくなりページを見る速度が遅くなる>これは離脱につながります
 ・最近普及している高解像度(レティーナ)ディスプレイでぼける

しかしフォントで表現できる世界観をデザインにおいて外すことの出来ない要素です。

そこでトレンドとなりつつあるwebフォントを導入し、画像を使用せずに
こだわりのあるフォントでの表現を実現しています。

また、フォントだけではなく、アイコンやボタンにおいても全てSVG画像と使用し
容量を抑えつつ、レティーナディスプレイでも美しくみせています。

font

↑様々なフォントを検討しました

 

・ロゴデザイン

リニューアルにともないロゴも再構築しました。
そのロゴを使ったローディング画面もオリジナルで作成し
ブランディングに効果を発揮しています。

・施工写真をなるべく大きく見せる

施工事例はお客様が一番見たいものでもあり、クライアントも一番見せたいものです。
トップページでは一番最初に見える施工写真にアニメーションを採用し
ダイナミックかつインパクトを与え、お客様の印象に残る仕掛けを施しています。

・トレンドを取り入れる

どの画面サイズでも最適に見えるように細かい段階でレイアウトが可変する
レスポンシブデザインを導入しています。
スマートフォンの普及とパソコン画面の大型化に合わせてデザインも進化しています。

・クライアントの更新しやすさ

あえて更新をしやすくするために、制限を持たせた施工事例更新システムにしています。
自由すぎることで迷ってしまうことをなくして、更新することを負担に感じないように
設計しています。
また、施工写真は縦写真も多いので縦写真でもレイアウトが最適になる工夫も
取り入れています。

 

現在のweb集客にホームページは相変わらず必須ですが、今は公開後の更新に力をいれる事が
効果を生み出します。そのため、いかに更新しやすい作りや体制にしておくことが重要です。

私達もインターネットで検索する場合はやはり日付の新しいページを見てしまうものです。

お客様の目線に立って考えればweb集客のやり方やアイデアは
どんどん出てくると思います。

また、それはこの世界のおもしろさだと感じます。

 

  • LINEで送る

web集客のご相談はお気軽に

ホームページ制作・運営をはじめ、インターネット広告やメールDM、SNSの運用などweb集客をお手伝いします。外部web事業部としてお使いください。

詳しくはホームページをご覧ください