FULL HOUSE様

現状の課題

ホームページからのお問合せ数が十分でない状態であり、LPとSNS広告の集客に依存していました。しかし、広告からの反応率が低く、顧客の確度が不十分でした。

その為、ホームページのリニューアルによって、ホームページからの顧客獲得を増やすことと、一度の接触ではなく、何度も顧客との接点を持ち続け、積極的なお問合せを促進するために戦略を変更したいと考えられていました。

主な契約メニュー

制作結果

ホームページのリニューアルを通じて、深く考え抜かれた手法を実行しました。まずターゲットの明確化や競合分析を通じて自社の強みを浮き彫りにし、訪問者に魅力的なコンテンツを提供するための選定を行いました。さらに特定のキーワードで上位表示を目指し、タイトルタグやコンテンツの最適化を行いました。この際、競合サイトや上位サイトを分析し、最適な施策を講じました。

ホームページでは、施工事例やイベント情報、ブログ、物件情報など、頻繁に更新される情報をクライアントと協力して使いやすく構築し、管理画面の使い勝手も最大限考慮しました。また、写真の重要性を認識し、今回はプロのカメラマンによる高品質な写真を導入することで、ホームページのビジュアル面の質を飛躍的に向上させました。

これらの取り組みを通じて、ホームページの改善を達成し、ターゲット層へのアプローチの精度を高め、検索エンジンでの表示を強化し、質の高いコンテンツを提供することで、顧客とのエンゲージメントを促進しました。


実施結果

ホームページからのお問合せが約4倍に改善

HPリニューアルにより、顧客の反応が劇的に向上し、お問合せ数が約4倍に増加しました。これはウェブサイトの改善が顧客との関係構築に大きな影響を与えたことを示しています。

検索順位が2ページ以降から→1ページ上位に改善

重要なキーワードでの上位表示を目指し、順位が大幅に上昇しました。ただし、検索結果の変動はあるため、一定の成果が得られたと言えます。

アクセス数が60%上昇

特にブログのアクセスが増加しました。クライアントが日々更新を続けていることは大きな要因ですが、改善されたサイト構造もブログ評価の向上に寄与した可能性があります。

広告戦略の変更と効果的なリマーケティング実施

LPからHPへの広告変更により、広告予算を削減しつつ、効果的なリマーケティングを行いました。ブログアクセスの増加を活かして少額のリマーケティングを行い、効率的な反響を得られたことが示唆されます。

サイト内行動分析による効果的なコンテンツ作成

ユーザーのサイト内行動を分析することで、興味を引くコンテンツを把握しやすくなりました。これにより、SNS投稿や広告バナーなどのコンテンツ作成において、より効果的な戦略を展開できるようになりました。

ディレクター:屋敷 高成

RELATED ARTICLE

「自社の抱えている問題に真摯に耳を傾けてくれた」 サービス提供会社 K社様

インスタ担当者が必ずしっておきたい、運用と動画の今の正解【助成金で苦しみを解決】

カプセルマーケティングレポート2024.4|インスタグラム運用に役立つ5つのポイント:アカウント活性化・分析・施策成功の秘訣

お問い合わせ
料金表・お役立ち資料