• TOP
  • カプセルマガジン
  • カプセルマーケティングレポート2024.4|インスタグラム運用に役立つ5つのポイント:アカウント活性化・分析・施策成功の秘訣
2024.05.15 最終更新日:2024.05.20

カプセルマーケティングレポート2024.4|インスタグラム運用に役立つ5つのポイント:アカウント活性化・分析・施策成功の秘訣

カプセルマーケティングレポート2024.4|インスタグラム運用に役立つ5つのポイント:アカウント活性化・分析・施策成功の秘訣

この記事は実際に弊社が集客支援している中での事例を踏まえて、WEBマーケティングやSNSマーケティングの改善に役立つ情報をお伝えします。集客に関する現状の課題と照らし合わせて活用出来る施策は是非お試しください。

 

伸び悩むInstagramアカウントを活性化させる!お役立ち投稿の重要性

ここ最近、インスタグラムでは宣伝投稿の増加により、多くのアカウントが伸び悩みを感じているようです。そんな状況を打開するために、取り組みたいのが「お役立ち投稿」です。

 

お役立ち投稿が求められる理由

ユーザーのニーズに合致した情報発信
信頼関係の構築とブランディング
アルゴリズムへの適応

 

効果的なお役立ち投稿の取り組み方

ターゲット層を明確にする
ペルソナを設定する
トレンドを把握する
データ分析を活用する

 

運用歴に応じた戦略

運用開始間もない場合: 投稿を安定させることに重点を置く
運用歴が長い場合: ユーザー目線で投稿内容を分析し、改善点を指摘する

 

お役立ち投稿は、インスタグラムアカウントを成長させるための重要な要素です。ターゲット層を明確にし、トレンドを把握しながら、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを発信することで、フォロワーのエンゲージメントを高め、アカウントの活性化につなげることができます。

 

Instagramフォロワー爆増! 注目すべきキャンペーンツールの魅力とは?

フォロワー獲得に効果的なのが「フォロワーキャンペーン」です。フォロワーキャンペーンに必要なツールの魅力と、成功事例を紹介します。

 

インスタグラムキャンペーンツールでインプレッション増加!

弊社が使用しているキャンペーンツールは、月額9800円から利用可能で、インスタグラムだけでなく、Xでも利用可能で、その場でインスタントウィン抽選が実施できる点が特徴です。

実際にツールを導入したところ、インプレッションが大幅に増加。キャンペーン設計をしっかり行うことで、高い効果が期待できます。特にフォロワー増加を目指すアカウントにおすすめです。

 

時間が経っても参加率が下がらない理由

このキャンペーンツールの特筆すべき点は、時間が経っても参加率が下がらないことです。その理由は以下の2つが挙げられます。

 

 

季節的なタイミング
キャンペーンの対象となるユーザーのライフイベントと時期が合致し、キャンペーン期間中参加が現象することがありませんでした。

 

 

効果的なクリエイティブ
ターゲット層に合わせたクリエイティブを制作することで、高い訴求力とエンゲージメントを実現しています。

 

 

インスタグラムフォロワーキャンペーンツールは、フォロワー獲得に効果的なだけでなく、キャンペーン設計の負担を軽減できる点も魅力です。

フォロワー増加に悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

インスタグラム分析でさらなる成長を目指す!新目標設定と分析方法

効果的なインスタグラム運用には継続的な分析と改善が必要です。
インスタグラム分析をリニューアルし、さらなる成長を目指すための新目標設定と分析方法について解説していきます。

 

新たな目標設定と分析方法のポイント

カテゴリごとの分析で課題を明確化
従来は全体的な分析を行っていましたが、今後は投稿をカテゴリごとに分析することで、より詳細な課題を把握していきます。

 

良い投稿と悪い投稿の比較分析
「良い投稿」と「悪い投稿」を比較分析することで、悪い投稿の改善点を見つけることができます。

反応率の分析
まとめ投稿とお知らせ投稿の反応率を分析し、それぞれの特徴を把握します。

ストーリーズを活用したコミュニケーション
ストーリーズを活用することで、フォロワーとのコミュニケーションを活性化し、より深い理解を得ることができます。

ユーザーインタビューによるコンテンツ企画
保存機能の活用状況を把握するため、ユーザーインタビューを行い、ニーズに合致したコンテンツを企画します。

業界別のインスタグラム活用方法の調査
住宅業界など、ターゲットとなる業界におけるInstagramの活用方法を調査し、自社の運用に活かします。

今回の分析方法のリニューアルにより、より深い洞察に基づいたインスタグラム運用が可能になります。

 

新目標設定と分析方法を参考に、さらなるアカウント成長を目指しましょう。

 

 

キャンペーン終了後の反応低下の原因と対策

反応低低下の原因

キャンペーン効果の終了: キャンペーンの終了と共に、一時的に高まっていたユーザーの関心が低下している可能性があります。
投稿内容のマンネリ化: 同じような投稿が続いているため、ユーザーの新鮮味が失われて飽きてしまっている可能性があります。

 

今後の対策

発信内容の差別化: ターゲット層に合わせた、魅力的なコンテンツを企画・制作する必要があります。
UGCの活用: ユーザー投稿を活用することで、新鮮味のあるコンテンツを発信することができます。
ハッシュタグ戦略の見直し: 競合アカウントと被らない、効果的なハッシュタグを使用する必要があります。
リポストの工夫: 単にリポストするだけでなく、キャプションや音楽などを工夫することで、オリジナル性の高い投稿に仕上げる必要があります。


キャンペーン終了後の反応低下は、一時的な現象である可能性もあります。しかし、放置しているとアカウントの成長が停滞してしまう可能性もあります。
上記のような対策を講じることで、ユーザーの関心を再度高め、アカウントの成長を促進することができます。

 

リールがバズったのにホーム表示率が下がる? 4つの原因と解決策

インスタグラムでリールがバズったのに、ホームページ流入やホーム表示率が下がった経験はありませんか? その原因と解決策について解説します。

 

1. リールとホーム表示のトレードオフ

リールは、新規ユーザーへのリーチに効果的ですが、ホーム表示されにくくなるという側面があります。これは、インスタグラムのアルゴリズムが、ユーザーにとって最適なコンテンツを配信するために、多様なコンテンツをバランス良く表示するように設計されているためです。

 

2. ストーリーズ投稿だけでは交流が深まらない

ストーリーズ投稿は、フォロワーとのコミュニケーションを活性化させるのに有効なツールです。しかし、投稿数だけを増やしても、必ずしも交流に繋がるわけではありません。むしろ、質の高いコンテンツで積極的にフォロワーと関わることで、エンゲージメントを高めることが重要です。

 

3. 季節要因の影響

4〜5月は、多くの企業がキャンペーンや新商品発表などを行うため、全体的に投稿数が増え、競争が激化する時期です。そのため、この時期は反応が下がる傾向があります。

 

4. フォローアカウントとの交流が検索表示に影響

フォローしているアカウントとの交流は、インスタグラムのアルゴリズムにとって重要なシグナルとなります。積極的に交流することで、検索表示されやすくなり、新規ユーザーへのリーチ機会を増やすことができます。

リールとホーム表示、ストーリーズ投稿、季節要因、フォローアカウントとの交流など、様々な要素がインスタグラムアカウントの運用に影響を与えます。これらの要素を理解し、適切な対策を講じることで、より効果的な運用を実現することができます。 それらを踏まえた解決策の例をお伝えします。

 

ホーム表示されやすい投稿を意識する: リールだけに頼らず、写真や動画投稿もバランス良く行いましょう。

ストーリーで積極的に交流する: 質問機能を活用したり、アンケートを実施したりして、フォロワーとのコミュニケーションを深めましょう。

季節要因を考慮した投稿計画を立てる: 4〜5月は投稿頻度を控えたり、他の施策に注力したりするなど、時期に合わせた戦略を立てましょう。

フォロワーとの交流を大切に: 積極的にコメントやいいねを行い、フォロワーとの関係性を深めましょう。

 

これらの対策を参考に、ぜひ試してみてください。

 

RELATED ARTICLE

「自社の抱えている問題に真摯に耳を傾けてくれた」 サービス提供会社 K社様

インスタ担当者が必ずしっておきたい、運用と動画の今の正解【助成金で苦しみを解決】

2024.4.30発表!超最新情報をふまえたインスタのエンゲージメント率アップの秘訣!!(限定30社→残りわずか) 第1回!ネルプ×カプセル オンラインセミナー

お問い合わせ
料金表・お役立ち資料