株式会社河井建築様

高性能住宅・パッシブデザイン住宅専門工務店様の事例
LPと広告で年間2桁受注達成!

現状の課題

Web集客に苦しむ工務店様が、LPと広告で年間2桁棟受注を達成

紹介やチラシ頼みの集客でWebが活かせず、問い合わせもほとんどなかった工務店様。HPリニューアルの予算もなく、高性能住宅・パッシブデザインという強みを訴求できていない状況でした。さらに、ニッチすぎるのではと不安を抱え、この強みを前面に出して良いか迷っていました。

ターゲットと競合を明確化し、高性能・パッシブデザインを前面へ

状況を打開すべく、以下の施策を実行しました。

ターゲットと競合の調査

ターゲットを性能に興味のある男性に絞り、競合を分析しました。当時、競合は少なく、市場の流れからもニーズは高まると予想しました。

LPの作成とテストマーケティング

パッシブデザインという言葉は当時メジャーではなく、高性能という言葉もわかりにくいと予想されました。そこで、LPを作成し、テストマーケティングを兼ねて広告配信を行いました。ターゲット層に響くよう、「結露しない」「1年中心地よく暮らせる」など、わかりやすいキャッチコピーを使用しました。

主な契約メニュー

制作結果

年間2桁受注達成!SNS広告のみで目標達成

上記の施策の結果、以下の成果を獲得しました。

  • 獲得単価:5,000円〜20,000円
  • 毎月安定した問い合わせ獲得
  • 年間2桁の受注目標達成(SNS広告のみ)

限られた予算の中で、年間目標棟数を達成しました。

LPと広告のみでは反響減少、HPリニューアルを検討

近年はLPと広告のみでは反響が減少しているため、HPリニューアルを検討中とのことです。HPリニューアルでは、ターゲットに合わせたコンテンツ作成や、わかりやすい導線設計などを行い、さらなる成果向上を目指します。

この事例から以下のことが重要とわかります。

  • ターゲットと競合を明確にし、自社の強みを打ち出すことが重要
  • わかりやすい言葉で訴求し、顧客の興味を引く
  • LPや広告はテストマーケティングを行い、効果的に改善していく
  • 市場の変化を常に把握し、必要に応じて施策を柔軟に変更していく

高性能住宅・パッシブデザイン住宅は注目を集めている分野ですが、認知度がまだ低いため、Webマーケティングで効果的に訴求することが重要です。今回の事例は、限られた予算でも成果を上げられることを示しています。高性能住宅・パッシブデザイン住宅の販促にお悩みのお客様は、ぜひ参考にしてみてください。

RELATED ARTICLE

「自社の抱えている問題に真摯に耳を傾けてくれた」 サービス提供会社 K社様

インスタ担当者が必ずしっておきたい、運用と動画の今の正解【助成金で苦しみを解決】

カプセルマーケティングレポート2024.4|インスタグラム運用に役立つ5つのポイント:アカウント活性化・分析・施策成功の秘訣

お問い合わせ
料金表・お役立ち資料